アトピー性皮膚炎にはステロイドやプロトピックが塗布されています。しかし、そういう治療で改善されない方々が当クリニックに多く受診されます。実は、世界的にもステロイドやプロトピックの塗布だけでアトピー性皮膚炎が治癒したという大規模な研究はありません。

 

ステロイドもプロトピックも免疫抑制剤ですので、皮膚の細菌感染症やウイルス感染症は悪化します。長期塗布して中止するとリバウンド(アトピー性皮膚炎の悪化)を発症することもあります。このリバウンドを発症するということがよく理解されていません。更にプロトピックは発癌性です。また保湿剤を併用している場合が多いのですが、保湿剤も感染症を悪化させます。しかも保湿剤でも長期塗布して中止するとリバウンドを発症します。

 

当クリニックでは、長年の経験からそういうことがわかっていますので、ステロイド、プロトピック、保湿剤は使用しません。外用剤は抗菌剤等を使用しますが、傷を治すために傷の部分のみ塗布してもらい、その上からリント布という皮膚に優しい布でカバーして、皮膚を保護します。

 

かゆみは内服の抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤等で治療します。内服治療はまたリバウンドの予防と改善にも効果的です。更にアレルギーの原因となっている食物を必要に応じて除去します。規則正しい生活も指導します。これらの総合的治療で、アトピー性皮膚炎が治療された方々は多くいらっしゃいます。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other