冷たく乾燥した空気の中、患者さんからは保湿剤使用についてのお問い合わせが多いです。

今回のブログでは巷でアトピー予防?美容効果?と話題になっているヒルロイドやワセリンについて問題提起します。

ヒルロイドはジェネリックではビーソフテンという名で処方されています。

 

何でできているかといいますとお薬の添付文書にもありますが、水溶性のヘパリン類似物質、グリセリン、油性の流動パラフィン、白色ワセリン、グリセリン脂肪酸エステルという基材は「油中水型の乳剤性基材」つまり界面活性剤です。パラベンも入っています。ここまでかくとお分かりの方も多いかと思いますが、皮膚を悪化させている原因になる物質がたくさん入っています。

 

界面活性剤が皮膚を守って菌と戦ってくれる皮脂の活躍を失い。このパワフルな界面活性剤により皮膚表面からどんどん水分を奪い保湿しているつもりが乾燥をさらに呼び起こしてしまいます。そこでたいていの保湿剤には乾燥を感じさせないようにポリマーやワセリンを含みふたをします。

このように張り付けはがしをくりかえしてそれによりバリア機能が壊され乾燥が進み皮膚常在菌のバランスを崩します。

 

スタッフも実験しましたが、油性マジックを皮膚に塗りヒルロイドを塗ってみてください。石鹸よりも驚くほど簡単に油性マジックを落とすことができました。

 

木俣肇クリニックでは一切保湿剤は処方されません。バリア機能低下を起こされている患者さん、免疫抑制剤であるステロイドやプロトピック使用してこられた患者さんの合併症である皮膚萎縮、細菌・ウィルス感染症などの根本治療の弊害にも保湿剤がなると思っています。ステロイドフリー・プロトピックフリー・保湿剤フリー治療です。

 

また、ヒルロイドに限らずワセリンやその他市販の保湿剤による激しいリバウンドを起こされる患者さんもたくさんいらっしゃいます。多くの方に保湿剤依存が起こっています。

またグリチルリチン酸、漢方製剤によく使われています甘草などステロイド様作用のある成分、界面活性剤、その他添加物による皮膚免疫の低下、萎縮によるバリアー機能低下、保水力、皮脂分泌などの機能低下から目覚め各機能が立ち上がっていけるように根本治療にどうぞ励んでください。

 

 

離脱症状・リバウンド症状のかゆみや痛み、幹部の保護にはリント布や抗菌効果、制電効果、癒し効果の高い竹繊維でできましたガーゼを当てていただきお肌を守り快癒へとサポートしていただきます。竹繊維でできました竹布についてはブログでは改めてご紹介いたします。

 

痒みや皮膚の症状にはお一人お一人に起因する物、今までのルーツ、経過があってそれぞれにステージがあり、快癒までの段階があると多くの臨床から学ばせていただいております。どうぞご自身の治癒力を信じてください。快癒までチーム医療でサポートさせていただきます。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other