ステロイドやプロトピックを長期塗布していて中止しますと、アトピー性皮膚炎が悪化するリバウンドを起こします。また保湿剤も長期塗布していて中止しますとリバウンドを起こします。アトピー性皮膚炎は細菌感染症を合併していることが多いのですが、細菌感染症の治療は抗生剤の塗布や、消毒液を塗布して乾燥させることが良いので、皮膚に保湿剤を塗布することは細菌感染症の治療にもよくありません。

 

ステロイドやプロトピックを塗布していなくても、保湿剤だけを塗布していて改善しない方は、保湿剤中止によるリバウンドを理解してください。時間はかかることがありますがリバウンドは改善します。皮膚は保湿機能がありますから、保湿剤を塗布する必要はありません。

 

保湿剤を長期に塗布して保湿をしてしまいますと保湿剤依存症になり、肌のバリア機能も低下し、皮膚に保湿剤を塗布し続けるという悪循環になります。保湿剤を中止した直後は、皮膚が乾燥してかゆみも増しますが、当クリニックでは内服のかゆみ止めやリント布のカバー等で対処して、かゆみを軽減しております。やがて皮膚の乾燥も改善し、かゆみも減り肌のバリア機能も改善してきます。

 

保湿剤を長期塗布している方は、塗布していることは対症療法にすぎないということを理解してください。保湿剤依存症から脱却されることを願っております。

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other