当クリニックでは細菌培養をしてアトピー性皮膚炎の患部にいる細菌を同定します。この検査は皮膚を軽くこするだけで痛みもなく簡単にできます。アトピー性皮膚炎は細菌感染症で悪化しますので、細菌を同定するのは非常に重要です。この検査をしないと、細菌の種類がわからず効果のない抗生剤を投与することもあり、その場合は症状は改善しません。

 

アトピー性皮膚炎に明らかにとびひ状態(細菌感染症が広がった状態)が合併していても、ステロイドやプロトピックによる治療がされています。ステロイドもプロトピックも免疫抑制剤ですので細菌感染症は悪化します。このことが理解されていません。内服の抗生剤が投与される場合もありますが、ステロイドやプロトピックが併用されて塗布されていますのでなかなか改善されません。

 

そういう状態の方々が当クリニックには多く受診されます。細菌培養をして、効果のあると思われる内服の抗生剤を投与します。すぐ投与するのは細菌培養の結果が出るのに数日かかりますので、それを待っていては状態が悪化するからです。更に当クリニックでのアトピー性皮膚炎の治療としての、内服の抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤(かゆみどめ)と、外用の消毒液と抗菌剤を使用し、患部をリント布(皮膚を保護する布)でカバーすることで改善します。

 

実例:色々な医療機関を医療機関を受診してアトピー性皮膚炎が改善されない方が受診されました。症状からMRSA(抗生剤耐性の黄色ブドウ球菌)による感染症の合併と思い、細菌培養をしましてMRSAに効果のある内服の抗生剤を投与しました。同時に前述の当クリニックの内服と外用治療をしました。細菌培養の結果はやはりMRSAでした。そしてその後治癒されました。今まで一度も細菌培養をしていないのでMRSAとわからず、有効な治療がされていなかったわけです。

 

実例のようにアトピー性皮膚炎が改善しない場合は細菌培養をしてください。そしてその細菌を撲滅する適切な治療をしてアトピー性皮膚炎を改善させてください。

 

 アトピー性皮膚炎にはステロイドやプロトピックが塗布されています。しかし、そういう治療で改善されない方々が当クリニックに多く受診されます。実は、世界的にもステロイドやプロトピックの塗布だけでアトピー性皮膚炎が治癒したという大規模な研究はありません。

 

ステロイドもプロトピックも免疫抑制剤ですので、皮膚の細菌感染症やウイルス感染症は悪化します。長期塗布して中止するとリバウンド(アトピー性皮膚炎の悪化)を発症することもあります。このリバウンドを発症するということがよく理解されていません。更にプロトピックは発癌性です。また保湿剤を併用している場合が多いのですが、保湿剤も感染症を悪化させます。しかも保湿剤でも長期塗布して中止するとリバウンドを発症します。

 

当クリニックでは、長年の経験からそういうことがわかっていますので、ステロイド、プロトピック、保湿剤は使用しません。外用剤は抗菌剤等を使用しますが、傷を治すために傷の部分のみ塗布してもらい、その上からリント布という皮膚に優しい布でカバーして、皮膚を保護します。

 

かゆみは内服の抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤等で治療します。内服治療はまたリバウンドの予防と改善にも効果的です。更にアレルギーの原因となっている食物を必要に応じて除去します。規則正しい生活も指導します。これらの総合的治療で、アトピー性皮膚炎が治療された方々は多くいらっしゃいます。

 アトピー性皮膚炎は現在でもその原因がはっきりわからない病気です。おそらく多様な原因が複雑に絡み合っていると思います。受診された医療機関によって、アレルギーを重視される場合もありますし、そうでない場合もあります。そういう意味で困惑されている方もいらっしゃると思います。

 

私は少なくとも1)アレルギー、2)細菌感染症、3)ストレスの3つが関連していると考えています。食物アレルギーは必ずしも食べて症状が明確にわからない時もあります。しかし、かゆみとか、アトピー性皮膚炎の悪化に関与している可能性があります。

 

一般にアレルギー検査は血液検査でされていますが、当クリニックではプリックテスという皮膚を使った検査でアレルゲン(アレルギーの原因)を見つけています。プリックテストの方が血液検査より正確です。しかも皮膚を軽くひっかくだけですので、血液検査のような痛みはありません。プリックテストが陽性な場合は、陽性の食物アレルゲンを必要な程度にあわせて除去すると効果的です。

 

細菌感染症はアトピー性皮膚炎で一般的に着目されていませんが、細菌感染症の治療は非常に有効です。当クリニックでは初診時に細菌培養(皮膚を綿棒でこするだけです)をして細菌を同定して、有効な内服の抗生剤を投与します。軽症なら外用薬で改善します。

 

ストレスは、日常生活の色々なストレスに加えて、アトピー性皮膚炎が改善する目安がわからないという不安もストレスになります。当クリニックでは現在の状態を理解してもらうように詳細な説明をいたします。ストレス対策として規則正しい生活も指導します。パソコンや携帯電話を長時間することや、夜更かしもストレスになります。

 

そして大切なことは、家族全員がよくアトピー性皮膚炎を理解して協力することです。医師との相互の信頼関係を築いて頑張ってください。改善に要する期間は個人差がありますが、アトピー性皮膚炎は治療を続ければ改善しますので、焦らず、希望をもって治療してください。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other