アトピー性皮膚炎は現在でもその原因がはっきりわからない病気です。おそらく多様な原因が複雑に絡み合っていると思います。受診された医療機関によって、アレルギーを重視される場合もありますし、そうでない場合もあります。そういう意味で困惑されている方もいらっしゃると思います。

 

私は少なくとも1)アレルギー、2)細菌感染症、3)ストレスの3つが関連していると考えています。食物アレルギーは必ずしも食べて症状が明確にわからない時もあります。しかし、かゆみとか、アトピー性皮膚炎の悪化に関与している可能性があります。

 

一般にアレルギー検査は血液検査でされていますが、当クリニックではプリックテスという皮膚を使った検査でアレルゲン(アレルギーの原因)を見つけています。プリックテストの方が血液検査より正確です。しかも皮膚を軽くひっかくだけですので、血液検査のような痛みはありません。プリックテストが陽性な場合は、陽性の食物アレルゲンを必要な程度にあわせて除去すると効果的です。

 

細菌感染症はアトピー性皮膚炎で一般的に着目されていませんが、細菌感染症の治療は非常に有効です。当クリニックでは初診時に細菌培養(皮膚を綿棒でこするだけです)をして細菌を同定して、有効な内服の抗生剤を投与します。軽症なら外用薬で改善します。

 

ストレスは、日常生活の色々なストレスに加えて、アトピー性皮膚炎が改善する目安がわからないという不安もストレスになります。当クリニックでは現在の状態を理解してもらうように詳細な説明をいたします。ストレス対策として規則正しい生活も指導します。パソコンや携帯電話を長時間することや、夜更かしもストレスになります。

 

そして大切なことは、家族全員がよくアトピー性皮膚炎を理解して協力することです。医師との相互の信頼関係を築いて頑張ってください。改善に要する期間は個人差がありますが、アトピー性皮膚炎は治療を続ければ改善しますので、焦らず、希望をもって治療してください。

 

旧年も全国から沢山の患者さんがクリニックを訪れてくださり、ステロイド・プロトピック・保湿剤依存から無事に離脱され、笑顔の再出発、幸せな門出に我々もたくさん立ち会わせて頂きました。

 ステロイド・保湿剤依存や甘いもの、ジャンクフードへの執着などからも放たれ患者さんが自信を取り戻されるとき、離脱がどんどん終わり身体が快癒へと導かれるとき、素晴らしい患者さんのその治癒力に驚かされ共に感動します。

皆が神様から頂いているその力を存分に発揮していただけるように、我々は患者さんに寄り添い一緒に乗り越えさせていただこうと思っています。

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドやプロトピックなどの免疫抑制剤は不要と考えています。これからも我々は世の中に問題提起し続け、お一人でも多くの患者さんが改善治癒されますように、またステロイド・プロトピック塗付を未然に防ぐことができますようにアナウンスしてまいります。

 一期一会を大切に、二度とステロイドに戻る事がないように、患者さんが治療を終えられますまでチーム木俣は最善を尽くします。

冷たく乾燥した空気の中、患者さんからは保湿剤使用についてのお問い合わせが多いです。

今回のブログでは巷でアトピー予防?美容効果?と話題になっているヒルロイドやワセリンについて問題提起します。

ヒルロイドはジェネリックではビーソフテンという名で処方されています。

 

何でできているかといいますとお薬の添付文書にもありますが、水溶性のヘパリン類似物質、グリセリン、油性の流動パラフィン、白色ワセリン、グリセリン脂肪酸エステルという基材は「油中水型の乳剤性基材」つまり界面活性剤です。パラベンも入っています。ここまでかくとお分かりの方も多いかと思いますが、皮膚を悪化させている原因になる物質がたくさん入っています。

 

界面活性剤が皮膚を守って菌と戦ってくれる皮脂の活躍を失い。このパワフルな界面活性剤により皮膚表面からどんどん水分を奪い保湿しているつもりが乾燥をさらに呼び起こしてしまいます。そこでたいていの保湿剤には乾燥を感じさせないようにポリマーやワセリンを含みふたをします。

このように張り付けはがしをくりかえしてそれによりバリア機能が壊され乾燥が進み皮膚常在菌のバランスを崩します。

 

スタッフも実験しましたが、油性マジックを皮膚に塗りヒルロイドを塗ってみてください。石鹸よりも驚くほど簡単に油性マジックを落とすことができました。

 

木俣肇クリニックでは一切保湿剤は処方されません。バリア機能低下を起こされている患者さん、免疫抑制剤であるステロイドやプロトピック使用してこられた患者さんの合併症である皮膚萎縮、細菌・ウィルス感染症などの根本治療の弊害にも保湿剤がなると思っています。ステロイドフリー・プロトピックフリー・保湿剤フリー治療です。

 

また、ヒルロイドに限らずワセリンやその他市販の保湿剤による激しいリバウンドを起こされる患者さんもたくさんいらっしゃいます。多くの方に保湿剤依存が起こっています。

またグリチルリチン酸、漢方製剤によく使われています甘草などステロイド様作用のある成分、界面活性剤、その他添加物による皮膚免疫の低下、萎縮によるバリアー機能低下、保水力、皮脂分泌などの機能低下から目覚め各機能が立ち上がっていけるように根本治療にどうぞ励んでください。

 

 

離脱症状・リバウンド症状のかゆみや痛み、幹部の保護にはリント布や抗菌効果、制電効果、癒し効果の高い竹繊維でできましたガーゼを当てていただきお肌を守り快癒へとサポートしていただきます。竹繊維でできました竹布についてはブログでは改めてご紹介いたします。

 

痒みや皮膚の症状にはお一人お一人に起因する物、今までのルーツ、経過があってそれぞれにステージがあり、快癒までの段階があると多くの臨床から学ばせていただいております。どうぞご自身の治癒力を信じてください。快癒までチーム医療でサポートさせていただきます。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other